山葡萄で編むカゴバッグは、材料である山葡萄の採取が大変だし、採取した山葡萄の蔓の加工も難易度最強。ツライ作業です。採取する山葡萄自体にも良し悪しがあり、東北産が ...

山葡萄(やまぶどう)とは?   古くから東北地方を中心に、日本の深山に自生している野生の(日本固有の)ブドウが「山葡萄(山ぶどう)です。現在一般に食さ ...

山葡萄の蔓(樹皮)の採取、皮剥ぎ、乾燥   野生天然の山葡萄(ヤマブドウ)は、日本の奥山に古くから自生しています。東北地方、福島、宮城、特に山形産が良 ...

あけびの種類   「あけび(アケビ)」には5種類あるそうです。普通に「あけび(アケビ)」と呼ばれるものは、小葉が5枚。「みつばあけび(ミツバアケビ)」 ...

鬼(山)くるみ(クルミ)   胡桃(くるみ)の木には実をつける胡桃(くるみ)と実をつけない胡桃(くるみ)があります。「鬼くるみ」とか「山くるみ」と呼ば ...

山葡萄を中心とする自然素材を使った籠編み技術の伝承と、籠編み作家、籠編み職人(かご編みマイスター)の育成を目的に「山葡萄カゴ編み講習」「山葡萄カゴ編み教室」を行 ...

山葡萄のカゴバッグが出来るまで   山葡萄(ヤマブドウ)の籠バッグは編んだのちに日増しに色合いが変化していきます。山葡萄(ヤマブドウ)で編んだ籠バッグ ...