健康茶のブレンド術とおすすめランキング

さるのこしかけ茶, おすすめの健康茶, なた豆茶(鉈豆茶), 杜仲茶(とちゅうちゃ), どくだみ茶, ごぼう茶, 甜茶(てんちゃ), あずき茶, 黒豆茶

自分に合う健康茶を見つけましょう;

健康茶には様々な種類があり、それぞれに特徴的な効能があります。また、同じ種類の健康茶でも育った環境や加工方法または保存方法で味は変わってきます。栄養成分は変わらないという人もいますが、無農薬無施肥で栽培されたお茶と消毒され肥料をたっぷり与えられて育ったお茶は味が明らかに違いますし、乾燥や焙煎など加工方法でも味は変わってきます。健康茶ラボでは、自分の好みの味、自分に合った健康効果が感じられる健康茶を探すお手伝いをすることを目的に情報提供しています。自分に合った健康茶に出会うことはとても幸せなことです。未だに自分に合う健康茶に出会えずに健康茶を懐疑的に思っている人もいるでしょうし、健康に悪いと知りながらも長年の習慣を変えらない人もいるでしょう。でも、自分の人生を良い方向に導いてくれた健康茶に出会った人も大勢いいますから、出来るだけ早く自分を良くするためにも、自分に合った健康茶を見つけてください。健康茶ラボでは健康茶は単品で飲むことをオススメします。先ずは、味です。自分に合う味の健康茶を見つけてください。あなたがその時に美味しい、または体に良いと感じた健康茶こそが身体が求める健康茶なのです。じっくりと自分のカラダとココロに確認しながら、見極めてください。

健康茶のブレンドのススメ

苦手な味の自分に合わない健康茶は続けられないものです。無理して飲むのは(飲ませるのも)良くありません。無理して飲むと効果は得にくいものなのです。脳が嫌だと思えば体も嫌になるものなのです。健康茶は薬ではないので作用が穏やかです。一時しのぎの対処療法ではなくジックリ時間をかけて根本から体質を変えることが目的なので、長く続けなければ意味がありません。その場合、自分に合わないものは即変えることをオススメしますが、せっかく購入したお茶を捨てるのも気が引けることでしょうし、あなたが嫌いな味のそのお茶にも有効成分が含まれています。そこで、もう一つ違う種類の健康茶を混ぜてみる(ブレンドする)ことをオススメします。ブレンドすることで味も変わり、好きになるかもしれません。また、2種の相乗効果で効果が実感しやすくなるかもしれません。無駄にせず、そして自分に合った健康茶に出会うチャンスを自ら作るのです。既にブレンドして売られているブレンド健康茶も沢山有りますが、今まで飲んでいた健康茶を無駄にしないで、且つ、自分でブレンドする茶葉を選択することが大切だと思います。

健康茶のブレンド術

◎ブレンド種は2種(多くても3種)までにする。
あまり多いと何が自分に良くて何が合うものなのかわからなくなりますし、何よりそれぞれの効能が薄まってしまいます。沢山混ぜると飲みやすくなるのは事実です。しかしせっかくの効能が薄まってしまっては健康茶の意味がありません。自分の健康のための健康茶を見つけることが目的です。
◎ティーバッグのものを買う。
単品でも飲める(味を確認できる)。2種類のティーバッグを入れるだけで簡単に手軽にブレンドできる(面倒くさくない)。味が嫌いなのと同じように、面倒くさい=嫌なので、長続きしません。
※最初からブレンドされたものはあまりオススメしません。
原価が違う茶葉が混ざるので極めて少量しか入っていない茶葉があったりします。いろんな種類が入っているからと言って全ての効能が摂取できるわけではありません。また、既成のブレンド茶には品質の悪い茶葉を混ぜることもあります。混ぜればわからなくなるからです。特にペットボトルなどボトル飲料のお茶に良い茶葉は使われません。水やお湯の代わりレベルで飲むならかえって水やお湯を飲むことをオススメします。

オススメの健康茶ブレンド・ランキング

オススメNo.1
どくだみ茶ベースのブレンド

10種類の病気に効く「十薬」と言われる薬草の王様・ドクダミですが、強烈な香りがするので苦手な方が多い健康茶の一つです。東南アジアではパクチーと同様に生でモリモリ食べます。味も香りも爽やかなので好きな人には好きな味なので、パクチーのように今後ブームになるかもしれません。名前のインパクトも強いので喰わず嫌い・飲まず嫌いの方も少なくないのでは、とも思います。先ずは是非単品でチャレンジしてみてください。そして、どうしても無理、というのであれば次のブレンドをお試しください。

どくだみ茶ルイボス茶(味も見た目も効能的にも、黄金の組み合わせです。)
どくだみ茶甜茶(甘くなるのでお子様からお年寄りまでおいしく飲めます。甘くてもカロリーはほとんどセロです。)
どくだみ茶ごぼう茶(ごぼう茶の香ばしさが優位になり飲みやすくなります。)

オススメNo.2
杜仲茶ベースのブレンド

基礎代謝を高める効果とコレステロール改善、そしてダイエットが期待できるということで近年俄かに人気の「杜仲茶」ですが、味が苦手という人が少なくありません。大概の野草茶と共通する、ちょっと苦味があり後味で甘みを感じる、カラダに効きそうな味です。そんな杜仲茶には豆の健康茶とのブレンドをオススメです。それぞれの効能による相乗効果も期待できます。

杜仲茶黒豆茶(黒豆の風味と香ばしい味で飲みやすくなります。)
杜仲茶小豆茶(小豆特有のうま味で飲みやすく美容効果も高まります。)
杜仲茶なた豆茶(香ばしく仕上げたナタマメ茶でおいしく飲みやすくなります。)

オススメNo.3
さるのこしかけ茶ベースのブレンド

ガンに効くということで様々な奇跡を起こしてきたと言われ、病中病後のケアに、また予防のために飲まれている方も多い「さるのこしかけ茶」ですが、独特の味がするので敬遠される方も少なくありません。独特の味の原因・ベータグルカンこそが、免疫力を高めてくれる有効成分なので、何とか美味しく飲める方法がないかと考えました。

さるのこしかけ茶をおいしく飲む方法
https://hotei-farm.com/kenkoucha/?p=1224

さるのかしかけ茶黒豆茶(黒豆の風味と香ばしい味で飲みやすくなります。)
さるのこしかけ茶韃靼そば茶(韃靼そば茶の香ばしさと甘みでおいしい健康茶に)
さるのこしかけ茶ハトムギ茶(ハトムギのほろ苦い味で飲みやすくなります。)

以上のオススメする健康茶ブレンドは、健康茶ラボが野草栽培で提携する布袋農園の「古来伝承健康野草茶シリーズ」から組み合わせを試したものです。味の好みはあくまでも個人的なものですがご参考になれば幸いです。健康茶の味は、原料の品質や加工方法などで大きく違ってきますので、健康=未来に対する投資と考えて、いろいろな健康茶を試し、お好きな味の製品を見つけてください。その際はくれぐれも単品で質の良いものをお選びください。最初からブレンドされている健康茶だと何が良くて何が美味しいのか、何が自分に合うのかわかりません。それと、品質の悪い健康茶でブレンドしたりしないでください。健康茶なのに健康に悪いもの、何もプラスにならないものも少なくありませんので、品質の良いものをしっかり選ぶようにしてください。

おすすめのどくだみ茶・杜仲茶・さるのこしかけ茶

出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。

出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。

出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。