よもぎ茶が癌の予防や治療に有効といわれる理由

おすすめの健康茶, よもぎ茶

よもぎが癌細胞を死滅させる;

今から1300年以上前に編纂された古事記には「邪気を払う薬草」として、また、平安時代の医術書には「名医草」として記されている「よもぎ」。その効果・効能は古くから民間伝承さてきました。

そして現在。成分分析など研究が進むにつれて「よもぎ」には、人の心や身体に良く働く効果・効能があることがわかってきました。

近年、特に話題となり以前にも増して「よもぎ」が注目されるようになったのは、よもぎには癌細胞を死滅させる効能があるという研究論文が発表されてからです。

その論文によると、ヨモギから抽出されるアルテミシニン(artemisinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個もの癌細胞を死滅させたと報告されています。

アルテミシニンは、ただそれだけでも、健康的な細胞の約100倍もの癌細胞を選択的に死滅させることができるだけでなく、抗がん剤よりも34,000倍も正確に癌細胞だけを死滅させることができます。」とワシントン大学の研究チームのリーダーであるヘンリー・ライ博士は言います。

◎詳しくはコチラをご覧ください。
引用:よもぎが癌細胞を死滅

健康長寿の秘訣はよもぎ茶

日本の三大死因は、癌(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患ですが、それらの罹患率が低く、健康・長寿・子宝の街、世界最高齢者の街として知られる鹿児島県奄美諸島の徳之島・伊仙町の人々は、普段からヨモギを食べ、よもぎ茶を常飲しているとのことがテレビや雑誌で紹介され話題となりました。

古来から「よもぎ」は、野草の中でも栄養価が高く、健康・長寿そして子宝に恵まれると今に伝わる、日本の伝統的健康食品・健康茶です。癌や心疾患、脳血管疾患は勿論、その他様々な病気の予防や治療に良い効果をもたらすことは、その成分(栄養成分)からも明確です。

よもぎ茶の効能や作り方については以前投稿したコチラの記事もご参照ください。
よもぎ茶の基礎知識と効能
妊活そして妊婦さんに人気!ハーブの女王・よもぎ茶の作り方と有効成分その効果効能

おすすめのよもぎ茶

よもぎの効果・効能が話題になればなるほど、またはよもぎが体に良いと言うことが科学的に証明されるにつれて「よもぎ茶」が人気になります。

そうなると「よもぎ」に大量の化学肥料を与え大量生産されるようになり、本来、言い伝わるような効果のある野生の「よもぎ」とは味も成分も異なる、質の悪いよもぎが出回り、それを原料とする安価なよもぎ茶が大量に売られるようになってしまいました。

それらは、屈強なヨモギではなく軟弱なヨモギです。また、そもそも丈夫ななので土壌や大気が汚染された悪質な環境下で栽培されたものも出回っています。

実際に良いよもぎを栽培して、良いよもぎ茶に加工し販売するには、良い環境(空気と土壌)の土地と結構な手間暇(人手と時間)が必要です。

良いよもぎ茶だけが身体に良い作用があるのです。

真面目に作られたよもぎ茶です。
飲めば解ります。これがよもぎ本来の良い成分が抽出された味です。飲み比べればもっと解ると思います。

出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。