モリンガ茶(モリンガティー)の基礎知識と効能

健康茶の種類別効能ガイド, モリンガ茶

モリンガとは;

モリンガとは、ワサビノキ科に属する植物で「ワサビノキ」と呼ばれることもあります。インドのヒマラヤ山脈が原産で、熱帯や亜熱帯地域の国々を中心に広く栽培されています。日光や高温を好む植物で、乾燥地域でも育つ屈強な樹木です。

モリンガはとても成長が早く、高さは10m以上になることも多く、幹の直径は50㎝ほどにもなります。 春頃から黄色がかった綺麗な花が咲き始めます。

日本でも近年、沖縄や鹿児島県、熊本県など、暖かい地域で限定的に栽培が行われているようです。

とても栄養価が高く、種や茎、葉、根など全て食べることができ、利用価値の高い植物です

モリンガの歴史

モリンガはインドのヒマラヤ山脈で古くから栽培を行われてきました。インド・スリランカの伝統医療「アーユルヴェーダ」の古い書物にもモリンガが紹介されています。

紀元前2500年前には、すでにモリンガを生薬として活用されていたようです。「300の病気を塞ぐことができる」と紹介されています。

また、旧約聖書の中に登場する「1本の木」はモリンガであるといわれています。汚れた水を浄化させることのできる木として紹介され、「清らかな水を精製するために活用された」と記されています。

また、ピラミッドの中からもモリンガの葉が発見されていて、クレオパトラが美容で活用されていたことが分かっています。

モリンガは「スーパーフード」と呼ばれている

モリンガはスーパーフードと呼ばれる栄養価に優れた今注目の植物です。科学的な分析において100種類近くの栄養素を含んでいることが判明し、ミラクルツリー(奇跡の木)とも呼ばれています。

モリンガは葉や花、茎の部分を食用として活用することができ、特に葉に豊富な栄養が含まれていることが分かっています。カルシウムは牛乳の20倍ビタミンB1は豚肉の4倍ビタミンAはほうれん草の31倍など、その種類も含有量も、他の植物と比較よりもかなり豊富です。

独立行政法人国際協力機構では、貧困の国や地域への支援としてモリンガを有効活用しています。

また旧約聖書に記されているモリンガの水の浄化作用も科学的に認められており、地球の環境にも貢献している植物なのです。

モリンガ茶(モリンガティー)の効能

とても栄養価が高いことで注目されているモリンガは、特に葉に豊富な栄養素が含まれていることから、その葉を乾燥粉砕(パウダー加工)してお茶として飲むのが有効です。

味は青臭く美味しいとは言い難いのですが、モリンガの効能をより簡単に効果的に摂ることができるので、添加物が多いサプリメントよりも安全性の高いモリンガ茶(モリンガティー)のほうが人気です。

女性においては美容に、中高年であれば生活習慣病予防に、癌(ガン)など免疫系疾病の改善や予防のために免疫力の向上を目指して、さまざまな健康のサポートに役に立つ健康茶です。

モリンガ茶(モリンガティー)は、世界の著名な起業家や俳優、モデルやアスリート、知識人など、健康意識の高い人が好んで飲まれています。日本においてもこれからもますます注目度は高まることでしょう。

おすすめのモリンガ茶(モリンガティー)

出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。