ゴツコラ茶(ツボクサ茶)の基礎知識と効能

健康茶の種類別効能ガイド, ゴツコラ茶(ツボクサ茶)

ゴツコラ(ツボクサ)とは;

ゴツコラは、セリ科の植物です。日本では「ツボクサ」と呼ばれますが、世界的には「ゴツコラ」「ゴツコーラ」が一般的です。主に医療・医薬品として用いられています。

日本においては、西日本の暖かい場所に自生する植物で、道端や野原でも見つけることができます。原産国はインドですが、中国、東南アジア、南アフリカ、アメリカなど、広く分布しています。

インドやスリランカでは、伝統医学であるアーユルヴェーダでお馴染みの薬草で、「ブラフミー」とも呼ばれています。インドに限らず世界中の医療で、皮膚疾患、強壮剤、生活習慣病の予防などに用いられており、近年何かと注目されている薬草です。

ゴツコラ(ツボクサ)の歴史

ゴツコラ(ツボクサ)は、5000年以上も前から、インドやスリランカのアーユルヴェーダ医学において活用されてきた植物で、「ブラフミー」との名称で親しまれています。ブラフミーとは、インド哲学者であるブラフマンから由来しており、神の知恵を助ける薬草として信奉されてきました。

中国においても、古くから生薬として活用されてきました。世界で最も古い薬学書と言われる「神農本草経」にも「積雪草」の名称で紹介されています。

近年では、WHO(世界保健機構)において、次世代に残すべきハーブとして21世紀の驚異的薬草と記され登録されています。

ゴツコラ(ツボクサ)に含まれる特徴的な成分「トリテルペノイド化合物」

ゴツコラ(ツボクサ)には、とても多くの有効成分が含まれており、世界でも古くから薬草として様々な病気に対して活用されてきましたが、近年の研究において、 ゴツコラ(ツボクサ)の主成分としてトリテルペノイド化合物(トリテルペン)が含まれていることがわかりました。

このトリテルペノイド化合物は、抗酸化作用に優れており、循環器系の治療において活用されています。

ほかにも皮膚細胞の活性化を促す作用に優れているとして、皮膚の傷やかゆみなどの治療に用いられることもあります。

千葉大学戦略的重点研究強化プログラムの「植物環境応答研究」においては、記憶力改善が期待できるトリテルペンを含んでいる植物としてゴツコラ(ツボクサ)を紹介しています。

ゴツコラ茶(ツボクサ茶)の効能

ゴツコラ茶(ツボクサ茶)は、まだまだ馴染みのないお茶ですが、血行促進や老化予防、生活習慣病の予防などにおいて役に立つとして注目されています。

ゴツコラ茶(ツボクサ茶)は、トリテルペノイド化合物だけではなく、タンニンビタミン類といった野草に多く含まれている成分とともに、マデッカソ酸マデカソシドといった高い抗酸化・抗老化作用による若返りが期待できる成分が摂取できる健康茶です。

ゴツコラ茶(ツボクサ茶)は、免疫力や生活習慣病予防のサポートとなる効能だけではなく、美容効果や脳細胞を活性化させる効能も期待できることで、特に健康意識、美容意識の高い欧米人の間では既にお馴染みで大人気の健康茶です。

ゴツコラ(ツボクサ)の効能を全て摂るために、ゴツコラ茶(ツボクサ茶)は粉砕品(パウダー)が主流です。お湯に溶かして飲んだりスムージーやヨーグルトに混ぜて飲む人が多いようです。

 

参考:千葉大学戦略的重点研究強化プログラム「植物環境応答研究」
http://www.p.chiba-u.jp/phytochemical/project.html