明日葉茶(あしたば茶)の基礎知識と効能

健康茶の種類別効能ガイド, 明日葉茶(あしたば茶)

明日葉(あしたば)とは;

日本原産のセリ科シシウド属の多年草で、伊豆諸島や八丈島、大島、房総半島、伊豆諸島など太平洋沿岸部の温暖な気候を好む植物です。収穫の時期は2月から5月ごろで、シーズンでは特産野菜として多く出回ります。

成長が早い植物で、「今日摘んでも明日には新しい芽が出る」ことから明日葉(あしたば)と呼ばれるようになりました。実際には再び芽を出すのは4日程度ですが、それほど強い生命力がある植物なのです。

明日葉(あしたば)の歴史

明日葉は日本だけではなく中国にも自生している植物で、古くから不老長寿の薬草として親しまれてきました。秦の始皇帝にあてた書簡の中にある「不老長寿の薬」とは明日葉である、と記されています。

明日葉は古くからその効果が注目され研究されていました。江戸時代の儒学者である貝原益軒が1709年にしたためた「大和本草」において八丈島の明日葉が紹介されており、葉が3枚に分かれているという特徴や滋養強壮に良い薬草であると記されています。

近年では「ケール」「大麦若葉」に並んで青汁に多く使われています

明日葉(あしたば)に含まれる特徴的な成分「カルコン」

明日葉はとても栄養価が高いことで話題となっています。含まれている栄養素の中でも、明日葉にしか含まれていない「カルコン」と呼ばれる成分が注目されています。

葉や茎に含まれている成分で、ポリフェノールの一種であるフラボノイドに属しています。葉や茎を切ると、黄色いねばねばした汁が出てきます。これが明日葉だけにみられる特徴でとても貴重な成分です。

明日葉茶(あしたば茶)の効能

明日葉茶(あしたば茶)は独特の薬草っぽい苦みを感じるお茶ですが、特に抵抗感なく飲めるので愛飲家が多い人気の健康茶です。

明日葉茶(あしたば茶)に含まれている成分カルコンには、血をさらさらにし固まりにくくする作用があり、血栓によって引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞予防に優れているとして研究対象にもなっています。

また、明日葉茶(あしたば茶)には100g当たり165~1,250ppmの植物性有機ゲルマニウムが豊富に含まれていて、癌(ガン)に効くと言われているサルノコシカケ類800~2,000ppmには敵いませんが、あの朝鮮人参の270~320ppmを優に超えます

上記カルコンと同様、有機ゲルマニウムの抗酸化力は、血液をサラサラにし、体液の巡りを良くする作用があり、細胞の老化を防いでくれます。そのパワーはビタミンEの数百倍と言われています。

ゲルマニウムやカルコンの働きにより、抗ガン物質インターフェロンの生産が促され、癌(ガン)細胞をやっつける白血球の産生を促す効能があるとされていて、明日葉茶(あしたば茶)を飲み続けることは、癌(ガン)や心筋梗塞、脳梗塞、結石や排尿障害の予防に良い効能があるとされています。

また、明日葉茶(あしたば茶)に含まれる植物性有機ゲルマニウムは、水溶性で血液にスムーズに吸収されるため、動脈硬化や生理痛の緩和効果が高いとされていて、血管内に付着して石灰化したカルシウムを溶かす作用も確認されています。

万病に効くとされる明日葉茶(あしたば茶)は今注目され人気のある健康茶です。高品質のものは限られていて品薄が続いています。

参考:公益財団法人東京都農林水産振興財団 アシタバの機能性に関する研究と特許出願の動向
参考:大阪薬科大学 アシタバに関する研究
https://www.oups.ac.jp/gakujutsu/kiyo/vol7/web-06.pdf

おすすめの明日葉茶(あしたば茶)


出典:詳しくはコチラのamazon商品詳細ページをクリックください。