はじめに

普段(毎日)飲むお茶を健康茶(薬草茶)に変える人が増えています。健康茶(薬草茶)は健康長寿時代の新しい習慣です。このサイトは、健康に良いと言われているお茶(いわゆる健康茶)を飲んでみたいけれど、色々ありすぎて何を買ってよいのかわからない、健康茶(薬草茶)を解説するサイトや本も沢山あるけれど、実際のところ何をどう飲んで良いのか判らない、という人の為に「健康茶入門」的な情報を中心に、健康茶ラボの活動や研究開発する「健康茶とからだいにいいもの」について紹介しています。

健康茶の探し方

もちろん健康茶(薬草茶)に難しい作法はありません。医薬品でもないので、好きなお茶を・好きな時に飲んでも構いません。健康茶(薬草茶)には様々な種類がありそれぞれに効能・効果が違います。味も違います。健康茶(薬草茶)は一般的に「おいしくない(不味い)」とも言われています。実際「飲みにくい」ものも少なくありません。やはり緑茶や紅茶など、嗜好品として世界中で愛されるお茶は基本的に飲みやすく美味しいものです。そんな美味しい緑茶や紅茶を健康茶に変えてまでも健康茶習慣を始めるのであれば、そのメリットを最大限享受したいものです。その為のノウハウをお伝えします。健康茶(薬草茶)に求めるのはカラダやココロが満たされることだと思うのです。健康茶(薬草茶)の効能・効果については勿論、健康茶(薬草茶)の味の検証、飲みにくい健康茶(薬草茶)だったらそれを出来るだけ美味しく飲む方法など、基礎知識とおすすめ情報を記していきます。特に、高齢化・長寿社会の現代、健康茶(薬草茶)に関する科学的な研究も日々進んでいますので最新のエビデンスや研究データなどもお知らせしていきます。健康茶(薬草茶)の種類と効能を五十音順にまとめたページがありますので、先ずはそのページでお探しの健康茶(薬草茶)、気になる健康茶(薬草茶)をみつけて見るのが良いでしょう。

健康茶の種類別効能(一覧)

健康茶(薬草茶)の飲み方

健康茶(薬草茶)は薬・医薬品ではありません。健康茶(薬草茶)には伝統医療や漢方、現代医療の薬・医薬品としてその成分を利用されているものが沢山ありますが、健康茶(薬草茶)はあくまでも食品でお茶~飲み物なので、食べ物と同じように、毎日続けて飲むことで毎日少しづつ栄養成分が身体に吸収され、時間をかけてその恩恵を実感することになります。中には即効性があるものも有りますが、基本的には毎日続けて飲むことが健康茶(薬草茶)習慣の第一歩、心得その一です。難しいことではありません。一日何杯か飲んでいるお茶を1杯分だけ、一日何杯か飲んでいるコーヒーや清涼飲料の1杯分だけでも、健康茶(薬草茶)に変えれば良いのです。

健康茶(薬草茶)の種類

健康茶(薬草茶)は世界中に存在します。古来、健康茶(薬草茶)を飲むことは呪術的行為でもあるし治療的行為でもありますが、時を経て世界各地の伝統・文化にもなっているものです。先人の知恵、言い伝えは気になるものですし、現代医療では治らない、藁にもすがる思いで健康茶(薬草茶)をはじめる人も大勢いらっしゃるでしょう。このサイトでは世界各地の伝承される健康茶(薬草茶)を紹介しています。それらの大半は、今ではおなじみの、または、健康ブームの近年、特に注目されている(話題になっている)健康茶です。健康茶(薬草茶)の歴史や成分・効能を出来るだけわかりやすく簡潔にまとめてありますので、興味のある健康茶(薬草茶)についてお調べください。今後も研究が進むことでしょうから最新情報に随時更新していくつもりです。

健康への願いを込めて

健康茶(薬草茶)に興味がある方の殆どは、ご自身または近しい大切な人のカラダやココロに何らかの悩みを抱えている方かと思います。人は、太古の時代から、いつも何かを願い、願いがかないますようにと祈ってきました。神に、仏に、星に願う時、人はもっともピュアになると言われています。病気が治りますように、事故や災難に合いませんように、良縁に恵まれますように、子宝に恵まれますように、家庭が円満でありますように、勝てますように、合格しますように、幸せになれますように、一人ひとりその時々で、願いのは様々ですが、まとめると「長寿」「若返り」「自己実現」の3つだと言われていますが、健康茶にはその3つをかなえるパワーを秘めています。健康茶(薬草茶)を知り正しい知識で健康茶(薬草茶)習慣を続ければ、あなたの願いがかなうかもしれませんし、願いを託してみるだけでも癒されることと思います。