カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)の基礎知識と効能

健康茶の種類別効能ガイド, カワラケツメイ茶(浜茶・弘法茶)

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)とは;

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)の原料となっている植物は、「カワラケツメイ」というマメ科カワラケツメイ属の一年草です。カワラケツメイは「河原決明」という字を用いられていますが、漢方で用いられるケツメイシ(決明子)に効能が似ており、河原によく自生していることからそのように命名されたと言い伝えられています。

日本では北海道を除く全国どこにでも日当たりの良い場所に自生していた植物ですが、外来種が増えている昨今では自生している姿を見かけることが少なくなりました。夏から秋にかけて小さな黄色い花を咲かせます。

海岸の砂地で自生していたものをお茶として飲み始めたことから「浜茶」と呼ばれるようになりました。浜茶として活用するカワラケツメイは、果実は「豆茶」として利用し、茎葉は「浜茶として愛飲されています。

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)の歴史

カワラケツメイ茶(浜茶。弘法茶)は、古くから健康茶として愛飲されてきました。

平安時代の僧侶である空海(弘法大師)が、茎葉を摘んで健康茶として愛飲されていたという言い伝えがあり、浜茶を伝え歩いたことから、今でも「弘法茶」とも呼ばれ親しまれている健康茶です。

また、利尿薬として民間療法に使われてきました。現在でも漢方として活用されており、山扁豆(さんぺいず)と呼ばれています。利尿作用があり、むくみを改善するとして親しまれています。

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)に含まれる特徴的な成分「アントラキノン」

古来より健康茶として愛飲されてきた浜茶ですが、カワラケツメイの葉と茎にアントラキノンミネラルを多く含んでおり、お茶として活用すると、それらの成分を効果的に摂ることができることが分かっています。

特にアントラキノンと呼ばれる成分には、利尿作用や緩下作用に優れていることが近年の研究で明らかになりしました。そのため生薬として、さまざまな漢方に活用されるようになりました。

研究機関においても、アントラキノンの研究が積極的に行われています。

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)の効能

カワラケツメイ茶は弘法茶・浜茶とも呼ばれて、昔から、そして今でも健康茶として人気があり、たくさんの人に愛飲されています。

多くの栄養成分を含んでいる茎葉を摘んで、お茶として活用します。アントラキノンだけではなく、ミネラルビタミンフラボノールなど、多くの有効成分を含んでいることが分かっています。

カワラケツメイ茶(弘法茶・浜茶)は利尿作用や便秘解消が期待できる効能の健康茶として、古くから親しまれてきました。今日ではダイエット滋養強壮疲労回復などの健康を意識する人から注目されています。

昔は、それこそ河原等に沢山自生していて、家庭で作られるお茶でしたが、自然破壊が進み、除草剤や農薬、または放射能など今では自生しているものがあったとしても怖くて使えませんし、採取して洗浄し乾燥、焙煎となると手間がかかりますので、あまり安価な製品はオススメ出来ません。しっかり管理された場所(畑)で栽培された無農薬の国産品を、信頼できるお店で購入ください。

 

参考:カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究 青森県立保健大学健康科学部栄養学科ほか
https://www.auhw.ac.jp/kenkyu/joho/files/2014_designated_iwai_nenpou.pdf