苦丁茶(くうていちゃ)の基礎知識と効能

健康茶の種類別効能ガイド, 苦丁茶(くうていちゃ)

苦丁茶とは;

苦丁茶(くうていちゃ)は、中国では古来から愛飲されているお茶でモチノキ科の属する葉を原料にしています。「くちょうちゃ」と呼ばれることもあります。この植物は日本においても関東から九州にかけて広く分布しています。

苦丁茶というとそれほど日本ではなじみがありませんが、健康茶として販売されている「減肥茶」には苦丁茶がベースになっているものもあります。

「苦い」という字が入っていますが、その字の通り苦みがあるお茶で、罰ゲーム用に使われることで有名ですが、さっぱりした苦さで飲みやすいという人もいます。苦丁茶の苦さはカフェインやタンニンではなくテルペン・サポニン等ですので最初は苦くても後味はほんのり甘さを感じます。大概のお茶がそうであるように、抽出時間を長くしたりすると苦みが強くなったりします。

苦丁茶の歴史

苦丁茶は、古くから中国では愛飲されていたことが分かっています。

漢の時代に書かれた書物「桐君録」には苦丁茶について記載されており、その後唐の時代に書かれた書物「茶経」、明の時代に書かれた書物「本草綱目」などにも、詳しく記載されています。特に唐の時代以降は中国の広い範囲で親しまれてきたお茶であることがわかります。

また生薬としても活用されてきました。頭痛や解熱、下痢止めなどに効果があるとして広く民間薬として親しまれています。近年では研究も進み、さまざまな栄養成分が含まれていることやその効果も分かってきました。

苦丁茶に含まれる特徴的な成分「トリテルペン」

苦丁茶には独特の苦み成分が含まれていることが分かりますが、これが「トリテルペン」と呼ばれる成分です。苦丁茶の素材になっているモチノキ科の属する葉には多く含まれており、水に溶けだす性質も持っていることからお茶として飲んだ際にも成分を摂取することができます。

古代中国の書物によりますと、頭痛や解熱、下痢症状を緩和させるために飲まれていましたが、近年の研究では老化や動脈硬化などの原因となる活性酸素を除去させることのできる、抗酸化作用に優れていることが分かりました。

抗炎症、抗腫瘍、発がん予防においても高く期待されている成分です。

苦丁茶の効能

苦丁茶は、古代中国では体の熱を冷ます性質を持っているとされ、熱中症の予防として、また、風邪をひいて熱っぽいときや頭痛や下痢症状がみられる際には積極的に飲まれてきました

高級中国茶としても古くから有名な苦丁茶ですが、近年の研究で抗酸化作用などさまざまな効能が期待されており、日本においても健康茶として愛飲する人が増えています。

冷え性の改善や便秘、美容効果に期待できる成分が含まれており、お茶として飲むことで有効成分をしっかりと摂ることができます。これからもますます注目が高まるお茶でしょう。

中国茶なので玉石混合です。素人には見分けるのが難しいです。高ければ良い物とも限らないのが中国茶ですので、信頼の出来るお店からご購入ください。

 

参考:天然トリテルペンの抗炎症, 抗腫瘍および発がん予防機能(秋久 俊博 日本大学理工学部)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/7/10/7_445/_article/-char/ja/