桑茶, モリンガ茶, カワラケツメイ茶, からだにいいお茶

世界保健機関 WHOの憲章において「健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく,肉体的,精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」と定義されています。 現代人は皆、誰もが、肉体的、精神的、社会的に ...

菊芋茶, からだにいいお茶

菊芋とは; 菊芋(キクイモ)とは、北アメリカ原産の植物でキク科ヒマワリ属の多年草です。イモ(芋)というと、サツマイモやジャガイモをイメージするかもしれませんが、見た目はショウガのような形をした塊茎が地 ...

野ブドウ茶, からだにいいお茶

野葡萄(ノブドウ)とは; 野葡萄(ノブドウ)は、ブドウ科ブドウ属に属する低木です。葡萄の仲間ですので、葉っぱは葡萄や山葡萄に似ていいます。葡萄に似ている直径4㎝から12㎝程度の実がなりますが、渋く苦い ...

桑茶, からだにいいお茶

桑の葉とは; 桑の葉は、古くから健康茶として活用されてきた馴染みのある植物です。また蚕が食べる葉として有名であり、養蚕業が盛んな時代には日本各地で盛んに栽培されていました。桑の葉にはとても優れた栄養成 ...

サルノコシカケ茶, からだにいいお茶

サルノコシカケとは; サルノコシカケとは、傘が棚のよう積み重なっているキノコのことをいい、サルノコシカケ科に属しているものの総称です。「猿の腰掛」や「胡孫眼」と表記されることもあります。 木を栄養源に ...

よもぎ茶, からだにいいお茶

ヨモギとは; ヨモギは、北海道を除く日本各地に自生しているキク科ヨモギ属の植物です。日本だけではなく中国やヨーロッパなど、世界各国の野山に分布しています。ヨモギ属に属する植物は日本だけでも30種類以上 ...

ナタマメ茶, からだにいいお茶

刀豆(鉈豆、ナタマメ)農家が元気で若々しく見えるのは毎日「なたまめ茶」を飲んでいるからだ、ということで、なたまめ茶の成分や効能がテレビで紹介されて以来、なたまめ茶は一躍人気の健康茶になり、今では健康茶 ...

柿の葉茶, からだにいいお茶

柿の葉茶の原料の"柿"の葉について; 柿は、ヒメハギ科ヒメハギ属の多年草です。東海地方から近畿地方にかけて、山林においても自生しています。柿の生産量は、和歌山県が全国第一位で、第ニ位は奈良県となってい ...

どくだみ茶, からだにいいお茶

ドクダミとは; ドクダミとはドクダミ科ドクダミ属の多年草で、道端や自宅の裏庭などに自生しているのを見かけます。日陰を好む植物で、とても繁殖力が強いのが特徴です。 日本全国どこでも見られる植物ですが、原 ...

トゥルシー茶, からだにいいお茶

ホーリーバジル(トゥルシー)とは; ホーリーバジル(トゥルシー)とは、シソ科メボウキ属の植物で、インドが原産のハーブです。ヒンディー語でトゥルシー (tulsi, तुलसी)、英語でホーリーバジル ...

モリンガ茶, からだにいいお茶

モリンガとは; モリンガとは、ワサビノキ科に属する植物で「ワサビノキ」と呼ばれることもあります。インドのヒマラヤ山脈が原産で、熱帯や亜熱帯地域の国々を中心に広く栽培されています。日光や高温を好む植物で ...

甜茶, からだにいいお茶

甜茶(てんちゃ)とは; 甜茶(てんちゃ)は、花粉症などアレルギー対策のお茶として有名ですが、抹茶の原料の「碾茶(てんちゃ)」とは別物で、全く違う植物から作られたお茶です。 甜茶(てんちゃ)の原料になっ ...

明日葉茶, からだにいいお茶

明日葉(あしたば)とは; 日本原産のセリ科シシウド属の多年草で、伊豆諸島や八丈島、大島、房総半島、伊豆諸島など太平洋沿岸部の温暖な気候を好む植物です。収穫の時期は2月から5月ごろで、シーズンでは特産野 ...

ごぼう茶, からだにいいお茶

ゴボウとは; ゴボウ(牛蒡)は、ヨーロッパやアジアに広く分布しているキク科の植物です。日本には自生していない植物ですが、古代に伝わってきたと言われています。食用として活用されたのは江戸時代や明治時代か ...

スギナ茶, からだにいいお茶

スギナとは; スギナは、トクサ科トクサ属の植物の一つです。日本全国に広く分布しており、どこにでも自生し、除草することが困難ほど生命力が強いことから「地獄草」とまで呼ばれています。戦後の焼け野原において ...

ルイボス茶, からだにいいお茶

ルイボスとは; ルイボスは、南アフリカ共和国西ケープ州にのみ自生するの植物で、針葉樹のような葉っぱを持っていて、赤褐色になるのが特徴です。朝夕の気温差が30度以上の高地で乾燥した土地でしか栽培すること ...