インフルエンザ予防に!免疫力アップが期待できるお茶

おすすめの健康茶

インフルエンザ予防におすすめのお茶

毎年この季節(1月半ば頃)は、インフルエンザに花粉症、そして、ダイエット目的(新しい年からダイエットを始めようとして)のお茶に対する問い合わせが増えるのですが、今年は様相が違います。

世界中に感染が広がる新型肺炎ウイルス、その対策用に効果的なお茶は?という問い合わせが急増しているのです。

新型肺炎ウイルスについては未だ何も解明されておらず、効果のあるワクチンや薬の開発も出来ない状況(2020.1.28現在)ですので、緑茶や紅茶、さらには野草茶・薬草茶の中に新型肺炎に効果のある成分を有しているお茶があるのかも未だ分かりませんが、予防という意味で、身体にチカラ=抵抗力をつけてくれるお茶、免疫力を高めてくれるお茶をお薦めしています。

免疫力を高めてくれるおすすめのお茶

ルイボス茶(ルイボスティー)


お馴染みのルイボスティーは、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール等、免疫力アップが期待できる成分満載の万能茶です。特徴的な風味ですが味自体にクセはなく、ホットでもアイスでもぐびぐび飲めるので老若男女に人気の美味しい健康茶です。多めに作ってマグボトルなどに入れて一日数回断続的に飲むことをお薦めします。
◎参考リンク:ルイボス茶(ルイボスティー)の基礎知識と効能

モリンガ茶(モリンガパウダー)


ミラクルツリー(奇跡の木)を呼ばれる程「モリンガ」は、多種多様な栄養成分を含んだスーパーフード。モリンガの葉を乾燥粉砕(パウダー加工)したものをお湯に溶いて、またはジュースやスムージーに加えて飲むのが一般的です。またパンケーキやクッキーなど焼き菓子の材料に利用することで美味しく且つ効果的継続的にモリンガの栄養分を摂ることが出来ます。
◎参考リンク:モリンガ茶(モリンガティー)の基礎知識と効能

ゴツコラ茶(つぼくさ茶)


強力な抗酸化成分を有した薬草です。日本では「ツボクサ」、海外では「ゴツコラ」「ゴツコーラ」と呼ばれています。主に医療・医薬品の原料として活用され、WHO(世界保健機構)では「21世紀の驚異的薬草」と記し、次世代に残すべきハーブとして登録されています。コツコラも粉末のものをジュースやスムージーに加えて飲むのが一般的ですが、味が苦手な方はパンケーキやクッキーなど焼き菓子の材料に利用するのがお薦めです。
※参考リンク:ゴツコラ茶(ツボクサ茶)の基礎知識と効能

さるのこしかけ茶


癌の特効薬、免疫力が高まる薬として、古くから民間伝承されてきた「さるのこしかけ」。近年では研究も進み、癌などの大病からも身を守り大病からの復活をも助ける成分はあることが知られ、その栽培種として「霊芝(れいし)」が有名になりましたが、野生でしか育たない(栽培不可能)とされる「さるのこしか」はその希少性からとても高価になってきましたが今尚人気です。十分に煎じてお茶として飲むのが一般的ですが、味が苦手な方には蜂蜜や黒糖を混ぜて飲むことをお薦めしています。
◎参考リンク:さるのこしかけ茶の基礎知識と効能

以上、免疫力アップが期待できるオススメのお茶(健康茶・野草茶・薬草茶)をご紹介しましたが、新型肺炎予防の最善策は、感染しないよう「マスク」「うがい」「手洗い」することです。一刻も早く終息すること、そして、ワクチンや治療薬の開発が望まれます。