副作用が気になる?ノコギリヤシの効果とおすすめの摂り方

からだにいい食べ物

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシは北米南東部に生息し、大きく広がるギザギザとしたノコギリ状の葉が名前の由来です。

9月から1月にかけて実る濃赤色の果実は現地先住民族の食物であり、また民間薬として伝承され、主に強壮、利尿、鎮静などに効果があると言われてきました。

近年、ノコギ リヤシ果実の油性成分が前立線肥大症による排尿障害の改善に有効 なことが示され、ヨーロッパでは医薬品として利用されるようになり、ドイツではCommission E(ドイツの薬用植物に関する評価委員会 )で承認されメディカルハーブの一つになっています。

日本国内でもノコギリヤシを含む様々な健康食品が流通していますが、日本ではまだ歴史が浅く馴染みがないので、その効果や副作用などを心配する声も少なく有りません。

ノコギリヤシの効果・効能

ノコギリヤシには、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」抑制作用があり、男性ホルモンが関係する諸症状に効果があることで知られています。

男性ホルモンだからといっての男性専用ではありません。男性ホルモンは女性も有するものでありノコギリヤシは女性にも同様の効果が期待できます。

ノコギリヤシの最も有名な効能として挙げられるのが、良性前立腺肥大症にともなう排尿困難、頻尿などの改善作用、利尿作用、抗炎症作用と、精力増進作用です。

それらの効能は古くからインディアンたちの間で知られ重宝されてきました。

また、近年の研究によりノコギリヤシには、薄毛やAGA(男性型脱毛症)を予防・改善する働きがあることも解明され広く知られるようになりました。

女性の薄毛改善にも効果があることから、近年話題の男性用薄毛治療薬「プロペシア」よりも安価で、且つ、女性の服用が認められていない「プロペシア」の代替品として注目されています。

ノコギリヤシの副作用

日本国内(日本の認可機関=厚労省)ではノコギリヤシの効果は認めておらす、ノコギリヤシは食品扱いです。なので、基本的に副作用の心配はありません。

まれに、胃腸症状(腹痛、下痢、便秘、吐き気)、頭痛、鼻炎などがあるとされていますが、正しく摂取すれば健康への危害はほとんど無いとされています。

但し、期待できるのは、あくまでも良性の前立腺肥大症に伴う排尿困難などの症状の緩和・改善です。

前立腺の肥大そのものを抑制あるいは縮小させる効果は未だ暫定的なようですので、ノコギリヤシのおかげで症状が緩和されたことで、知らず知らずの間に前立腺肥大症が悪化していたり、前立腺がんの発見が遅れる可能性もありますのでご注意ください。

また、ホルモンをコントロールする作用があることから、小さなお子様や妊婦、授乳中の方、ホルモン治療などを受けている方は期間中の摂取を避けてください

いずれにせよ、ノコギリヤシの摂取した結果、少しでも不具合を感じたら場合は直ちに摂取を止めて、早めに医師に相談してください。その際には忘れずにノコギリヤシを摂取していたことも伝えてください。

おすすめのノコギリヤシの摂り方(飲み方)

ノコギリヤシは日本ではその効果を国が認めている訳ではありません。健康食品という位置づけで販売されています。一方、ドイツではメディカルハーブとして、アメリカではヘルスクレームとして国が認定していますので、正しく摂れば(飲めば)正しく作用し効果が期待できるかと思います。

ポイントは2つです。

①決まった時間に、毎日続けて飲むこと。
②決められた量を飲むこと。

即効性がある人もいますが、効果を体感するまでの期間は個人差がありますので、毎日決まった時間に決まった量を最低でも1ヶ月程度飲むことをオススメします。

それでも改善が体感できない場合は、医者とご相談ください。

一日の摂取量を増やしても効果は同じです。逆に身体(内蔵)に負担をかけることになりますので必ず規定の量を飲んでください。

おすすめのノコギリヤシ・サプリメント

ノコギリヤシのサプリと言えば、老舗ブランドやわたの【ノコギリヤシ】がおすすめです。

ノコギリヤシ成分100%・全額返金保証付きです。

※詳細は以下をクリックください。公式サイトにリンクします。↓